プロミスとオリックス銀行のカードローン、どっちがおすすめ?

プロミスとオリックス銀行のカードローン、どっちがおすすめなのでしょうか?

 

プロミス、オリックス銀行カードローンは、両カードともWEB完結での契約が可能なので大変便利です。

 

しかし、即日でお金を借りれるプロミスに対し、金利の低さや、融資額の大きさで有利なのがオリックス銀行のカードローン。

 

借入金の使い道によって、融資までの時間、融資総額、金利が大きく違ってくることになります。

 

プロミスとオリックス銀行の特徴をよく理解して、資金用途にあったおすすめのカードローンを選びましょう!

プロミスの評価

プロミスのメリット

プロミスのメリットは、なんといっても、審査基準が優しく、融資までの時間も早いこと。

 

審査自体は、なんと最短30分で終わってしまうので、その日に借りることは十分に可能です。

 

また、初めてプロミスを使う人であれば、30日間の無利息サービスが適用されるのも、大きなメリット。

 

初回の借り入れ時のみ等の条件はありますが、借入後すぐに返済できるのであれば、利息0円で借りることも可能です。

 

つまり、プロミスのメリットや評価を一言でいうと、「とても借りやすい」ということに尽きます。

 

プロミスのデメリット

プロミスのデメリットは、借りやすい反面、、実質金利は銀行系カードローンよりも割高になってしまうことが多いことです。

 

プロミスの金利は、他の消費者品金融の業者と比べると、実際に適用されることが多い上限金利は低いのですが、オリックス銀行などの銀行系カードローンよりは高くなってしまいます。

オリックス銀行カードローンの評価

オリックス銀行カードローンのメリット

オリックス銀行カードローンのメリットは、下限金利(1.7%)が低いこと。

 

下限金利1.7%は、銀行カードローン業界の最低水準と言われているほど、低い金利です。

 

また、最高800万円まで借入可能で、積極的に融資してくれる点も、大きな資金需要がある方には重要なメリット。

 

さらに、提携ATM約99,000台以上が終日無料(※2018年2月末現在)で利用できるのも、うれしいポイントです。

 

コンビニにある、セブン銀行・Enet・ローソン・イオン銀行の提携ATMはもちろん、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・西日本シティ銀行の提携ATMまでもが完全無料なので使いやすと評判です。

 

オリックス銀行カードローンのデメリット

オリックス銀行カードローンのデメリットは、融資額や低金利が有利な反面、プロミスと比べると融資までのスピードが少し遅くなる点。

 

また、30日間の無利息サービスなどは、残念ながらありません。

プロミスとオリックス銀行カードローンの比較の結論

プロミスとオリックス銀行カードローンを比較した結論としては、次の通り。

少額をスピーディーに借りたい⇒プロミス

まとまった金額を低金利で借りたい⇒オリックス銀行カードローン

プロミスがおすすめのケース

至急でお金が必要になった場合などは、早く借りれるプロミスがおすすめ。

 

テレビコマーシャルをよくやっているので、親しみやすく安心できると思います。

 

オリックス銀行がおすすめのケース

一方、教育費用や入院費用など、まとまった額が必要な時は、低金利で借りられるオリックス銀行のカードローンが最適。

 

また、借りる額が少額でも、できるだけ金利を低く借りたいという人にも、融資までの時間は多少かかってしまいますが、オリックス銀行がおすすめです。

 

 

以上、突き詰めると、プロミスは消費者金融、オリックス銀行は銀行融資なので、迅速に借りられるけど、金利が銀行系よりは高いプロミス、融資額が大きく金利が低いけど、融資までのスピードが少し遅いオリックス銀行、という特徴となっています。

 

また、オリックス銀行は、消費者金融に適用される総量規制の対象外、というところも、借り換え派やおまとめの人には有利ですね。

オリックス銀行カードローンのまとめ

オリックス銀行カードローンはスピーディーな融資は難しいかわりに、最高800万円まで借入可能で、積極的に融資してくれます。

 

他にも、下限金利1.7%と、業界最低水準と言われている低い金利も魅力。

 

オリックス銀行の金利が下がった今、100万以上の融資を受けるなら、静岡銀行のセレカ以上に低い金利で借りられる可能性が高いと考えらえれます。

各種データ
実質年率 年1.7%〜17.8%
借入限度額 最高800万円
月々の返済 7,000円でOK(借入れ残高30万円以下の場合)
保証人の有無 不要
在籍確認 電話

 

オリックス銀行カードローンの特徴まとめ
最高800万円まで借入可能
業界最低水準の下限金利
提携ATM約99,000台以上が終日無料(※2018年2月末現在)

コンビニにある、セブン銀行・Enet・ローソン・イオン銀行の提携ATMはもちろん、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・西日本シティ銀行の提携ATMまでもが完全無料なのは、使いやすい&うれしいポイントです。

 

WEB完結の申し込みで手間もかからない、人気のカードローンです。

 

>> オリックス銀行カードローンの詳細はコチラ! <<

 

プロミスのまとめ

プロミス

プロミスの最大の売りは、平日、土日祝日に関係ない最速の融資です。

 

平日14時までにWEB契約を完了させた場合、最短1時間というスピードで即日振込を行ってくれます。また、平日14時までに間に合わなくて14時以降になったり、土日祝日など銀行の営業時間外でも、審査完了後に無人契約機でローンカードを発行すれば、即日キャッシングが可能です。

 

つまり、平日土日祝日に関係なく、審査申込から最短1時間でお金を借りることができます。

 

そして、うれしいことに、30日間の無利息期間※も設定されています。(※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)

 

さらに、上限金利も、SMBCモビット、アコム、アイフルなど大手の消費者金融が18.0%の中、プロミスだけが17.8%と低い金利で貸し付けてくれます。

プロミス各種データ
実質年率 4.5%〜17.8%
無利息期間 30日間無利息※
借入限度額 1万〜500万円
審査時間 最短30分※曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合あり
即日融資 可能
収入証明書 50万円以下の場合は不要
月々の返済 2,000円から
保証人の有無 不要
在籍確認 電話

※30日間無利息は、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの特徴まとめ
土日でも審査申込から最短1時間でお金を借りられる
営業時間外でも、審査完了後に無人契約機でローンカードを発行すれば、即日キャッシングが可能

無人契約機は9時〜22時(※一部21時)まで空いています。

30日間の無利息期間※がある

※30日間無利息は、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。

金利が安く、おまとめなどの融資商品も多い
主婦・学生・パート・アルバイトでも安定した収入があれは申し込み可能

 

以上のように、急にお金が必要になった時でも、全国のいろいろな人が申し込めるのがプロミスです。
三井住友銀行か、ジャパンネット銀行口座で「瞬フリ」も利用可能です。

 

>> プロミスの詳細はコチラ! <<

 

【女性オペレーターが対応いたしますので、男性の方でもお申し込み可能です!】