プロミスとSMBCモビット、どっちがおすすめ?両方、審査受けてもOK?

プロミスとSMBCモビット、どっちがおすすめなのでしょうか?

 

プロミスか、SMBCモビット、どちらかのカードローンでお金を借りたいのですが、審査の通りやすさや、融資額の大きさ等で有利なカードに申し込みたいものです。

 

そこで、プロミスとSMBCモビットで、審査の通りやすさ、金利の低さ、融資額の大きさ等について比較しました。

プロミスの特徴(SMBCモビットと比較して)

プロミスの(SMBCモビットと比べた)特徴について、確認しておきます。

プロミスのメリット

融資までの時間が早い

プロミスをモビットと比較したときのメリットは、なんといっても、審査基準が優しく、融資までの時間も早いこと。

 

審査自体は、なんと最短30分で終わってしまうので、その日に借りることは十分に可能です。

 

30日間の無利息サービスあり

また、初めてプロミスを使う人であれば、30日間の無利息サービスが適用されるのも、大きなメリット。
(モビットには、30日間無利息サービスはありません)

 

初回の借り入れ時のみ等の条件はありますが、借入後すぐに返済できるのであれば、利息0円で借りることも可能です。

 

上限金利が低い

プロミスの上限金利は17.8%であり、SMBCモビットの18.0%よりも低いです。

 

初回の借り入れでは、借りる人の条件にもよりますが、上限金利に近い金利が適用されるので、上限金利の低いプロミスが、利息の支払いでお得になります。

 

以上、SMBCモビットと比べたプロミスのメリットを見てきましたが、一言でまとめると、「プロミスはとても借りやすい」ということに尽きます。

 

プロミスのデメリット

一方、プロミスのSMBCモビットに対するデメリットは、次の2点です。

勤務先への「電話確認」がある

SMBCモビットは、「WEB完結」で申し込むと、勤務先への「電話確認」無しで借りることができます。

 

一方、プロミスは、web申し込みで「カードレス」を選ぶと、「自宅への郵送物」を無しにすることはできますが、勤務先への「電話確認」は無しにはできません。

 

つまり、家族や勤務先に、お金を借りていることをバレる可能性を少しでも減らせるという点では、プロミスはSMBCモビットと比べると不利です。

 

最高借入限度額が低い

プロミスの最高借入限度額は、500万円と、SMBCモビットの800万円と比べると低いです。

 

しなしながら、SMBCモビットで最高限度額の800万円を借りようとすると、総量規制があるため、年収2,400万円が必要にります。

 

つまり、高額所得者以外の私たちにとっては、プロミスも、SMBCモビットも、最高借入限度額はあまり関係ないということです。

SMBCモビットの特徴(プロミスと比較して)

SMBCモビットの(プロミスと比べた)特徴について、確認します。

SMBCモビットのメリット

家族や勤務先にバレにくい

SMBCモビットは、「WEB完結」で申し込むと、勤務先への「電話確認」無しでお金を借りることができます。
(※WEB完結は、「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている」、「社会保険証を持っている」の2つの条件を満たせば利用できます)

 

一方、プロミスは、基本的には、勤務先への「電話確認」は無しにはできません。

 

つまり、家族や勤務先に、お金を借りていることをバレる可能性を少しでも減らしたい人には、SMBCモビットがおすすめです。

 

最高借入限度額が高い

SMBCモビットの最高借入限度額は800万円であり、プロミスの500万円よりかなり高いです。

 

ただ、プロミスのデメリットのところでも書いたように、高額所得者が最高額を借りる場合以外は、最高借入限度額はあまり関係ないです。

 

SMBCモビットのデメリット

SMBCモビットのデメリットは、次の3点でプロミスより少し不利になります。

融資までの時間が少し遅い
30日間の無利息サービスがない
上限金利が少し高い

 

ただ、SMBCモビットのメリットである、「家族や勤務先にバレにくい」点は、大きなメリットです。

 

この点を重視する人にとっては、融資の時間が数十分遅い可能性があることや、無利息サービスの有無は大きな違いではないと思います。

プロミスとSMBCモビットの比較の結論

プロミスとSMBCモビットを比較した結論としては、次の通り。

スピーディーに借りたい⇒プロミス

利息を少しでも少ないしたい⇒プロミス

家族や勤務先にバレたくない⇒SMBCモビット

 

プロミスがおすすめのケース

至急でお金が必要になった場合などは、早く借りれるプロミスがおすすめ。

 

また、初めてプロミスを使う人には30日間の無利息サービスが適用されるので、利息を少なくしたい人には、大きなメリット。

 

SMBCモビットがおすすめのケース

家族や勤務先にバレたくない人や、勤務先に在籍確認の電話をしてほしくない人は、SMBCモビットがおすすめです。

 

一般的なカードローンは、勤務先に対して「在籍確認」の電話をすることが多いですが、SMBCモビットのWEB完結は「電話連絡なし」で契約できるのが大きな特徴。

 

※SMBCモビットのWEB完結は、「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている」、「社会保険証を持っている」の2つの条件を満たせば利用できます。

 

 

以上、「バレない」ことを重視する人は、SMBCモビット、それ以外の人はプロミスがおすすめです!

SMBCモビットのまとめ

家族にバレないカードローン、SMBCモビット

SMBCモビットの最大の特徴は、家族に秘密で借りれること。

 

三井住友銀行か、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の銀行口座(普通口座)を持っていて、社会保険証(または組合保険証)があれはSMBCモビットの「WEB完結申込」かできます。この「WEB完結申込」とは、カード・郵送物・電話連絡などのやりとりが一切なく、全てネット上で完結する申し込み方法です(Web完結なら郵送物なしでばれずに借りられる)。

 

なお、上記の銀行口座や保険証を持っていない人は、通常の「カード申込」になります。※カード申込みは、カードが発行されるので、郵送や電話確認等が発生します。

 

「WEB完結申込」ならカードが発行されないので、借入依頼んどもすべてWEBで行います。カード等の郵送物が自宅に送られてくることもないので、内緒で借りたい人にはとてもありがたいですね。
また、SMBCモビットの限度額は他の消費者金融よりも高めなのもうれしいポイント。

SMBCモビット各種データ

実質年率 3.0%〜18.0%
無利息期間 なし
借入限度額 1万円〜800万円
審査時間 最短30分※曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合あり
即日融資 可能
月々の返済 4,000円から
保証人の有無 不要
在籍確認 WEB完結申込:Web完結なら郵送物なしでばれずに借りられる

カード申込:電話による確認

 

SMBCモビットの特徴まとめ

カード・郵送物・電話連絡がないWEB完結なので内緒で借りられる
「WEB完結申込」で平日14:50までに振込手続き完了の場合、最短3分※で振込可能

※審査結果によっては時間がかかることもあります。

限度額は他の消費者金融よりも高め
安定した収入があればパート・アルバイトでも申し込み可能

 

三井住友銀行か、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の銀行口座(普通口座)を持っていて、社会保険証がある人には特におすすめです。

 

>> SMBCモビットの詳細はコチラ! <<

 

プロミスのまとめ

プロミス

プロミスの最大の売りは、平日、土日祝日に関係ない最速の融資です。

 

平日14時までにWEB契約を完了させた場合、最短1時間というスピードで即日振込を行ってくれます。また、平日14時までに間に合わなくて14時以降になったり、土日祝日など銀行の営業時間外でも、審査完了後に無人契約機でローンカードを発行すれば、即日キャッシングが可能です。

 

つまり、平日土日祝日に関係なく、審査申込から最短1時間でお金を借りることができます。

 

そして、うれしいことに、30日間の無利息期間※も設定されています。(※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)

 

さらに、上限金利も、SMBCモビット、アコム、アイフルなど大手の消費者金融が18.0%の中、プロミスだけが17.8%と低い金利で貸し付けてくれます。

プロミス各種データ

実質年率 4.5%〜17.8%
無利息期間 30日間無利息※
借入限度額 1万〜500万円
審査時間 最短30分※曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合あり
即日融資 可能
収入証明書 50万円以下の場合は不要
月々の返済 2,000円から
保証人の有無 不要
在籍確認 電話

※30日間無利息は、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの特徴まとめ

土日でも審査申込から最短1時間でお金を借りられる
営業時間外でも、審査完了後に無人契約機でローンカードを発行すれば、即日キャッシングが可能

無人契約機は9時〜22時(※一部21時)まで空いています。

30日間の無利息期間※がある

※30日間無利息は、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。

金利が安く、おまとめなどの融資商品も多い
主婦・学生・パート・アルバイトでも安定した収入があれは申し込み可能

 

以上のように、急にお金が必要になった時でも、全国のいろいろな人が申し込めるのがプロミスです。
三井住友銀行か、ジャパンネット銀行口座で「瞬フリ」も利用可能です。

 

>> プロミスの詳細はコチラ! <<

 

【女性オペレーターが対応いたしますので、男性の方でもお申し込み可能です!】