プロミスの口コミ※即日融資の方法&審査基準が今すぐわかる

プロミス 口コミ 即日融資 審査
プロミスの口コミや評判を調べている人のために、プロミスの即日融資や審査、金利、返済、家族や会社にバレないか、などについて、私の体験や調べた口コミや評判を基にまとめました。

 

プロミス 私の体験談

プロミス 口コミ 体験談
(43歳の男性)
プロミスは即日融資や審査の口コミが良かったので、30万円をプロミスで借りました。

 

職業は個人事業主、年収は安定しておらず、200万〜400万円。

 

家族は妻、子供2人です。

 

長女が私立高校に入学し、入学金としてまとまったお金が必要になりました。

 

貯金を妻に内緒で、私の趣味(PCやゲーム)に使っていたので、妻に知られずに借りる必要が。。

 

娘が私立高校に行くことが決まってからは、ある程度、お金をためていたのですが、貯金を全部引き出しても、あと30万円がどうしても足りません。

 

 

色々と悩んだ挙句、消費者金融のカードローンでお金を借りることにしました。

 

カードローンやキャッシングは色々な会社がありますが、テレビCMや電車の広告などでよく目にするプロミスが、評判も高く安心と思い、まずはプロミスの口コミや審査のことを調べました。

 

プロミスが審査の点でも、融資をしてもらうスピードでも、期待できそうだったので、プロミスにはネット(Web)で借り入れを申し込みました。

 

自営業なので心配していた審査ですが、向こうから確認の電話があった後、すぐに通りました。融資額は満額の30万円!

 

申し込みから借入まですごく早かったのが印象的でした。
審査の早さはすごくよくて、30分とまではいかなくても1時間ちょっとくらいで審査は完了したように思います。 

 

当初、消費者金融というと、少し怖いイメージがあったのですが、思い切って一歩を踏み出したところ、、親身に相談に乗っていただき、問題なく融資を受けることができました。

 

今回、借金をする羽目になったのはすべて自分の責任なので、今後は貯金を使いこんだりせずに、娘、息子、妻のためにまじめに仕事をしたいと思っています。

 

せっかくの子供の門出に際し、家族にパレて心配をかけないようにプライバシーを保護してくれたプロミスさんには本当に感謝しています。

 

プロミスも他のカードも、お金を借りるには、審査に通ることが必要になので、審査を落とされないためにいくつか注意点があります。

 

問題なくプロミスでお金を借りるために、審査前に知っておきたい有益な情報や具体的なメリット・デメリット口コミも参考にしながらできるだけわかりやすく説明しました。

 

私の説明なんかどうでもいいよ!という人は、最新の融資詳細ページをご覧ください。

 

プロミス

金利

4.5〜17.8%

限度額

最大500万円

即日融資

可能 ※1

30日間無利息サービス

可能 ※2

※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。また、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要。※2.メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

 

プロミスの口コミ・評判

プロミス 口コミ 評判
実際にプロミスのに申し込んだ人の口コミや評価としては、次のような感じです。

 

プロミスのメリット・デメリットを判断しやすいように、プロミスの口コミを【全体評価】、及び、【即日融資】、【審査】に分けてまとめました。

* 口コミや評価の収集方法:プロミスを実際に使ってみた方のレビューが載っているサイトや、2ch(2ちゃんねる)掲示板の口コミを集めた。良い口コミ・評価だけでなく、悪い口コミ・評価もまんべんなくランダムに収集。

プロミスの口コミ・評判【全体評価】

プロミスの全体的な口コミや評判は次の通りです。

プロミスの口コミ・評判【利息が一切かからず返済】

プロミスの全体的な口コミ3 男性

28歳・男性・派遣社員・年収270万円

評価:★★★★☆4
先月はボーナス前でお金の余裕がなくなったところに、友達の結婚式が重なり、生活費がショート。。
お祝い事なのでケチるわけにもいかず、プロミスを利用することに。
30日間は利息がかからないキャンペーンをやっていたので、次の給料日に無理やり完済しました。
おかげで利息が一切かからず借入金額のみの返済で、結婚式を乗り切りました。

 

プロミスの口コミ・評判【クレジットカードより利子が安いと聞いて】

プロミス 口コミ

24歳・女性・アルバイト・年収180万円

評価:★★★★☆4
将来のためにどうしても申し込みたい講座があったけど、手持ちの現金も足りないし、クレジットカードも作ってない。
消費者金融を使うことにちょっと抵抗がありましたが、クレジットカードのキャッシングよりも利子が安いと聞いたこともあって、プロミスでお金を借りました。
少しの利子でお金を借りることができ、将来の仕事につながる講座も受けられたので満足しています。

 

プロミスの口コミ・評判【即日振込は本当に助かりました】

プロミス 口コミ

32歳・男性・会社員・年収360万円

評価:★★★★★5
引越し代が予想以上にかかり、今の貯金じゃ足りず、20万ほど借りようと17時ごろにネットから申し込みました。
スマホで免許証の画像を送ると数十分後には審査完了とのこと!
ネットとメールで借り入れたのでストレスもなく済みました。
審査回答が思ってたより早かったので、早く振り込みを受けることができて満足です。
即日振込は本当に助かりました。

 

解説や補足

プロミスの口コミや評判は、全体的に良いものが多かったです。これは、審査の柔軟性や30日間無料利息、本人のプライバシーを守ってくれることが大きく影響していると考えられます。
また、急ぎの人には、即日融資が可能ということも大きいですね。

 

プロミスの口コミ・評判【即日融資】

プロミスの即日融資に関する口コミや評判は次の通り。

プロミス即日融資の口コミ・評判【申し込みから1時間もかからずに口座に入金】

プロミス 口コミ 即日融資

28歳・男性・フリーター・年収180万円

評価:★★★★★5
結婚式と出産費用の支払いで貯金がなくなったとき、プロミスで融資を受けました。
初めは銀行のカードローンでお金を借りようと思ったのですが、消費者金融のプロミスの方が早くお金を借りれるようだったので、プロミスを選びました。
スマホからWeb申し込みをしたら、審査は30分ぐらい、確かに手続きが早く、申し込みから1時間もかからずに口座に入金されました。
初めてのカードローンだったこともあり、もっと支払いに追われたりするのかな、と思ってたけど、返済はかなり楽にできています。

 

プロミス審査の口コミ・評判【主婦ですが数時間で借りれて驚き】

プロミス 口コミ 即日融資

36歳・女性・主婦・年収90万円

評価:★★★★☆4
どうしても旅行代金の支払いが足りなかったので、名前を思い出したプロミスに直前で申し込みました。
次にまでに入金しないといけないところ、その日のうちに数時間で借れたので驚くと同時に、本当に助かりました。
すべて返済したあとも、このカードがあれば気持ちに余裕ができそうです。

 

プロミス審査の口コミ・評判【母の退院日当日に間に合い恥をかかずに済みました】

プロミス 口コミ 即日融資

41歳・男性・自営業・年収200万円

評価:★★★★★5
母親の退院日の当日、急遽、80万円が必要に。
カード払いができるとタカをくくっていたものの、現金しかダメなことが判明。
急遽、銀行口座の金、家族の金をかき集めるが、40万しか。
支払いをしないと退院できないので、わらをもすがる思いで、プロミスにスマホで申し込み。
かかってきた確認電話でオペレーターの人に事情を説明し、限度額50万円の枠をもらいました。
午後に銀行振込してもらい、病院近くのATMから40万をおろして、事なきを得ました。
病院代が払えず退院できないのもカッコ悪かったので、ほんと、プロミスさんのおかげで恥をかかずに済みました。
本当にありがとうございました。

 

解説や補足

プロミスのカードローン(キャッシング)のメリットとして、「最短即日融資可能」という点があります。銀行カードローンは、その銀行の口座を持っていないと即日融資を受けることができないケースが多いですが、消費者金融のプロミスなら、最短即日で融資可能なので、覚えておくと役立ちます。

 

プロミスの口コミ・評判【審査】

プロミスの審査に関する口コミや評判は次の通り。

プロミス審査の口コミ・評判【自動契約機は簡単だったけど融資額に不満】

プロミス 口コミ 審査

26歳・男性・フリーター・年収150万円

評価:★★☆☆☆2
プロミスは正社員でなくてもお金を貸してくれると口コミにあったのを思い出し、近くの三井住友銀行にある自動契約機から申し込みました。
自動契約機というものを初めて使いましたが、タッチパネルだけで、誰にも会わずに審査が進みました(@_@)
申し込みをした後、カードの利用方法のビデオを見ている内に、審査が終わりました。
審査は通りましたが10万しか借りれなかったのが少し不満かな。
ローンカードはすぐに出てきて、その場でお金が借りれたのは、思ってた以上に簡単でした。

 

プロミス審査の口コミ・評判【大学生が借りられるか半信半疑でした】

プロミス 口コミ 審査

21歳・女性・学生・年収110万円

評価:★★★★☆4
大阪で一人暮らしをしている大学生です。少し前、親からの仕送り5万円とアルバイト代だけでは足りなくなり、家賃が払えなくなってしまいました。
お金がないところから仕送りをしてくれている親には頼ることもできず、友達が使っていたプロミスで初めてキャッシングをしました。
大学生なのに本当に借りられるのか半信半疑でしたが、アルバイトの定期収入があると借りられるみたいで、実際、無事に審査にも通りました。
10万円を借りることができましたが、返せなくなると怖いので半分の5万円だけ借り、3ヵ月で返済しました。
お金を借りるのは少し怖いですが、学生の僕でも貸してくれるプロミスはすごくありがたかったです。

 

プロミス審査の口コミ・評判【会社によって審査結果が違うことにうれしい驚き】

プロミス 口コミ 審査

37歳・男性・会社員・年収360万円

評価:★★★★☆4
他社カード90+20を返済中、年収360
妻の入院費が必要でしたが、銀行カードローンは審査前の門前払い。。
消費者金融の他社も、月の収入と生活費など細かく質問されたあげく、審査落ち。
最後の頼みでプロミスに申し込んで事情を説明すると、なんと、融資OK!それも、希望額で!
10時にネットで申込、14時には振込みが確認できました。
大切な家族の緊急事態だったので、本当に助かりました!
ありがとうございました。

 

プロミス審査の口コミ・評判【他カードローンの一本化とプロミス増額】

プロミス 口コミ 審査

41歳・男性・会社員・年収420万円

評価:★★★★☆4
他のカードローンで借りていて支払いがきつくなって困ったとき、プロミスに申し込みました。
すでにたくさん借りていたこともあり、審査が通るか心配でしたが、枠が10万円と少ないながらOKがでて安心できました。
それから3ヵ月後に、増枠申請を電話でお願いして認められ30万円に。
その3,4ヵ月後、今度は他カードローン分を返済してプロミス一枚にまとめたいことをお願しました。
親身に相談にのってもらった結果、枠が年収3分の1の上限いっぱいの140万円まで拡大。
そして、他カードローンはすべて返済し、プロミス一本になり、金利も下がりました。
なにより、プロミス一本になって、金策をいつも考えなくて済むようになり、すごく気持ちがスッキリしました。
心からプロミスの方には感謝でいっぱいです。

 

解説や補足

審査については、申し込む人の事情もあるでしょうから、好評だけでなく不評もあるようです。

 

プロミスの審査に関する口コミで、休職期間中の方や、主婦、アルバイトやパートの方が審査に通ったというのは、プロミスの審査基準「安定した収入があれば、アルバイトやパート、自営業の方でも借り入れの可能性がある」とされているので、審査に通っているのはうなづける評価です。

 

プロミスは、広告宣伝やCMの通り、非常にサービス内容が充実しているカードローンなので、審査に通ることができれば、かなり有利な借り入れができます。

 

口コミでわかるプロミスの特徴

以上のプロミスの口コミや評判に加え、私の経験から、次のような人にはプロミスがおすすめだと思います。

 

すぐにお金を借りたい人(即日融資を希望する人)

プロミスなら申込から最短1時間でお金を振り込んでくれます(即金)
多くの銀行カードローンは、融資までの時間が数日必要になるケースが多いです。(銀行カードローンで即日融資を受けるには、前提として、その銀行の口座を持っていないといけない)
また、他の消費者金融よりも、プロミスはスピード審査(最短30分)で即日融資も可能で、すぐにでもお金が必要な人におすすめなカードローンです。

 

他社のカードローン審査に落ちた人

銀行カードローンと比較すると、プロミスのカードローンの審査通過率は高いです。
プロミスの審査は決して甘いわけではないですが、申し込み者の状況を独自審査してくれるので、アコムの審査で落ちた人がプロミスの審査で通ったという口コミもあります。(当然、その逆もあります)

 

他社のカードローン審査に落ちたとしても、次の条件を満たす人は、プロミスの審査に通る可能性は十分にあります。
「他社借入件数4件以下」
「年収の3分の1を超える借入をしていない」
「他社のカードローン会社で長期延滞していない」

 

初めてお金を借りる人

プロミスは大手金融グループの会社で、融資の経験年数も多いので、初心者の人にも「丁寧でわかりやすい、安心な対応」をしてくれます。

 

これらプロミスの3つの特徴が、プロミスが業界トップクラスの人気になっている理由でもある、と僕は思います。

 

>> プロミスの詳細はコチラ! <<

 

プロミス即日融資の方法

プロミス 即日融資
プロミスは即日融資が可能なので、口コミでもすごく評判が高いです。

 

申し込んだ即日(その日のうち)にお金を借りられるのはすごく助かります(*'▽')

 

ただ、時間も限られている中で、即日でお金をかりるには、間違ってはいけないポイントがあります!

 

プロミスで即日融資をしてもらうベストな方法をご紹介しますね^^

 

プロミス即日融資は何時まで?

まず、プロミスで即日融資をしてもらうには何時までに申し込めばよいのでしょうか?

 

即日融資を実現するには、「プロミスへの申し込み」を午前中(12時まで)にすることをおすすめします。

 

理由は、「申し込み」の後、約30分の審査、在籍確認などがあった上で融資が実行され、銀行振込の場合、締め切り時間があるからです。

 

すべての手続きがスムーズにいけば、申し込みが12時を過ぎても即日融資が可能な場合もありますが、安全を見てできるだけ12時までに「プロミスへの申し込み」を完了してください。

 

プロミス即日融資の申し込み

 

 

プロミス即日融資おすすめの方法

プロミスで即日融資をしてもらう流れについて、おすすめの方法を紹介します。

 

ネット(Web)で申し込み⇒審査⇒在籍確認⇒オンライン契約⇒即日融資(即日振込)

 

 

ネット(Web)で申し込み

まずは、ネット(Web)で申し込みをします。

 

自動契約機や電話、郵送で申し込む方法もありますが、基本的に急ぎの時は、これらの方法での即日融資は難しいです。

 

ネット(Web)申し込みは、スマホ、パソコン、携帯(ガラケー)でOKです!

 

申し込みボタンは、「カンタン入力」と「フル入力」がありますが、「カンタン入力」は、入力項目が少なくすぐ終わりますが、電話で残りの項目について聞かれます。
「フル入力」の方は項目が多く、入力に20分ぐらいかかりますが、電話確認がありません。

 

面倒な作業なしに申し込みたい人は⇒「カンタン入力」
電話が苦手の人の人は⇒「フル入力」

 

審査

申し込み後、すぐ審査(約30分間)が行われます。この審査に通らないと、即日融資はできなくなります。

 

審査に通れば、審査結果と申込内容の確認のために電話がかかってきます。
(審査に落ちればメールで通知)

 

在籍確認

在籍確認の電話が勤務先にあります。

 

どうしても勤務先で在籍確認の電話を受けられない場合は、プロミスに相談ができるので、審査合格の電話があったときに相談してみてください。

 

オンライン契約

契約書に同意のチェックをして、ネットで送信することで契約が完了します。

 

即日融資(即日振込)

オンライン契約が平日14:00まで終われば、あなたの銀行口座に即日振込みが可能になります。

 

 

プロミス即日融資の申し込みはこちら

>> プロミスの詳細はコチラ! <<

 

プロミスの審査は甘い?厳しい?

プロミス 審査 甘い 厳しい
『プロミスの審査は甘いのでは?』と思ってしまうのは、借りる側の切なる希望です。

 

残念ながら、プロミスの審査が甘い、ということはありません。(/ω\)

 

でも、他の消費者金融やカードローンで落とされた人や、パートやアルバイトで収入が低い人も、口コミでは審査で通っています!

 

じゃあ、それほど厳しくないということでしょうか?

 

プロミスの審査通過率は意外と高い?

実は、プロミスの審査通過率は、2018年4月〜7月の実績値で約45〜47%です。

4月 5月 6月 7月
審査通過率 46.4% 47.3% 45.7% 44.6%
新規申込数 44,715 50,587 39,591 40,941
審査通過数 20,754 23,928 18,094 18,243

※データ元:「SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標(2019年3月期)」

 

この審査通過率には多重債務者や(いわゆる)ブラックの人も入っているので、それ以外の普通の人はもっと高い審査通過率になると考えられます。

 

安定した収入があって、初めて借り入れをする人や他社からの借り入れが少額である人は問題なく審査が通ると思います。

 

逆に、多重債務者や収入がない人、過去に金銭的な問題を起こしたことがある人は、審査はまず通らないはずです。

 

つまり、プロミスの審査は甘いの?厳しいの?と聞かれれば、「その人の返済能力によって甘くも厳しくもなる」というのが答えです。

 

ただ、プロミスの審査を銀行カードローンと比べると、審査は通りやすいです。(理由:銀行カードローンは融資額が多くなる分、審査は厳しくなる)

 

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営している金融事業であり、ボランティアではないので、当然、甘くなく、厳しい審査を行っています。

 

しかし、プロミスの方針として、「お客様の状況に応じて相談に乗り、より多くのお客様を応援」しているため、収入面で不安があっても、「やさしい審査」を行ってくれるので、ぜひ、一度相談してみてください。

 

プロミスの審査に落ちた、通った!審査基準とは?

プロミスの審査に落ちた、通った!という運命の分かれ道となる、「プロミスの審査基準」はどんなものなのでしょうか?

 

よく、「他社のカードローンやクレジットカードの借り入れが多かったり」、「返済を滞納した履歴があったりする」と、審査に落ちると言われています。

 

実際のところ、プロミスは審査基準を公開していないため、審査担当者以外は誰も審査基準を知ることはできません。

 

ですが、私たちからすれば、審査に通るためにも、審査基準はどうしても知りたい重要ポイントです。

 

 

そこで、プロミスの審査に落ちた口コミや通った口コミを大量に分析することによって、プロミスの審査基準を独自に調査・考察しました。

 

どんな人が審査に通ちたのか、逆に通ったのはどんな人か?

 

プロミスの審査の口から、どんな特徴や属性を持っていると審査に通りやすいのかをまとめました。

 

この審査基準をみることによって、プロミスの審査に落ちてしまった人は「審査に落ちが原因」がわかると思います。

 

また、審査に落ちた原因がわかるということは、次にプロミスや他社のカードローンに申し込む際に、注意点がわかるはずです。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

プロミスの審査基準

プロミスの審査基準は、いくつかの評価項目について、点数付け(スコアリング)を行っていると考えられます。

 

審査基準の評価項目

評価項目は、上の項目ほど重要です。(一番重要なのが「信用情報」、次が「収入」)

審査基準
(評価項目)

説明
信用情報 ローンやクレジットカードなどの返済・支払状況・利用残高など、数値化された「個人の信用」
収入 聞かれるのは年収。低いよりも高い収入の方が審査に有利だが、安定性も重視
勤続年数 現在の収入先の勤続年数。期間が長いほうが、「安定・継続した収入」として高く評価
職業 公務員や大企業は審査評価は高く、個人事業主は収入が安定しないとみなされ評価は低い傾向
雇用形態 雇用契約の採用種別のこと。正社員⇒契約社員⇒派遣社員⇒パート⇒アルバイトの順に評価は低い
居住形態 住んでいる家が賃貸か、持ち家か。持ち家でも多額の住宅ローンが残っていれば、マイナス評価
家族構成 一人暮らか、家族と同居しているか。一人暮らしは生活費がかかり不安定なので評価は低い

 

審査基準の解説

上で挙げた、審査基準の各項目について、解説しておきます。

 

信用情報

信用情報とは、ローンやクレジットカードなどの返済・支払状況・利用残高といった、客観的取引情報のことです。

 

つまり、「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報」です。

 

この信用情報は、信用情報機関(JICC、CIC、KSC)で管理されています。

 

信用情報機関
JICC 株式会社日本信用情報機構
CIC 株式会社シー・アイ・シー
KSC 一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター

 

あなたがプロミスなどにカードローンを申し込むと、そのレジットカード会社がこの信用情報機関に紹介を行い、あなたの「信用力」を判断するための参考情報として使います。

 

  • 信用情報の詳しい項目
  • ローンやクレジットなどを利用した際の契約内容・返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)・利用残高など

 

なお、この信用情報に事故情報があると、まず審査に落ちます。

 

事故情報とは、次の4つ。

長期延滞 返済が期日より2〜3ヶ月以上遅れると、金融事故である長期延滞として信用情報に記録が残る
代位弁済 返済ができなかった場合、保証会社が支払いを立て替えることがあり、信用情報に代位弁済の記録が残る
債務整理 交渉や裁判所を介して合法的に借金を減額または免除すことで、自己破産、民事再生、任意整理も含まれる。金融機関は損失を受けるため、信用情報に債務整理の記録が残る
強制解約 強制退会や強制脱会とも言い、長期延滞や契約違反があると、金融機関の判断によって一方的に解約させられる。この場合、強制解約の記録が信用情報に残る

 

事故情報はいつまで残るのか?
プロミスが加盟している信用情報機関はJICCとCICで、この2社では、長期延滞は1年〜5年間、債務整理は5年〜10年間、代位弁済と強制解約は5年間記録が残ります。

 

収入

画像:収入は高さよりも安定性

 

収入が信用情報の次に重要なのは、理解できますね。

 

その人の返済能力を表す指標だから。

 

※「収入」といっても、収入が「年金」や「生活保護」、「失業保険」のみの場合は審査に落ちてしまうので注意してください。

 

貸金業法による総量規制というのがあり、資金需要者等の利益の保護を目的に、貸金業者(消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社など)は年収の3分の1を超える貸付けをすることを法律で原則禁止しています。

 

例えば、年収300万円の人であれば、もし消費者金融のA社から50万円、B社から30万円をすでに借りていると、プロミスでは20万円しか借りられないことになります。

 

計算式:年収300万円×3分の1=100万円
100万円−A社50万円−B社30万円=20万円

 

なお、個人事業主が、事業用資金として借入れる場合は、年収(事業所得)の3分の1を超えても借入れ(例外貸付)が可能です。

 

収入は当然、低いよりも、高い収入の方が審査に有利です。

 

でも、がっかりするのはまだ早いです^^

 

収入は、一時的な「高収入」よりも、「安定性」が重視されます。

 

安定性とは、次の継続年数のことです。

 

勤続年数

プロミスの審査では、現在の収入先の勤続年数が長い方が高く評価されます。

 

「安定・継続した収入がある」ことが重視されるわけです。

 

例えば、芸能人や水商売などの「一時的な高収入」は審査に通る可能性は低いです。

 

逆に、パートやアルバイトで月収5万円が2年間続いている、といった「安定収入」の方が審査では高く評価されます。

 

もちろん、収入に応じた借り入れ希望額であることが前提ですが。
(年収200万円なのに、借り入れ希望額50万円とかは×ということ)

 

なお、勤続年数は3年以上が理想で、半年以内だと審査は通りにくくなります。(新卒の新入社員は除く)

 

職業・勤務先

職業・勤務先としては、主に収入の安定性を評価しています。

 

例えば、公務員や大企業に勤めている人は、倒産するリスクが低いとみなされるので、審査評価は高くなります。

 

逆に、個人事業主は、収入が安定しないとみなされ、評価は低くなります。

 

ただ、個人事業主や安定しない職業の人も、確定申告書や収入証明書を提出することにより、返済能力が証明できるので評価は高くなります。

 

  • 健康保険証

勤務先を証明する一つの手段として、健康保険証の提出を求められることがあります。

 

この健康保険証の種類も職業と連動しているので、公務員が持つ共済保険証、企業の社会保険証は評価が高く、個人事業主やパート・アルバイトが持つ国民健康保険証は評価が低くなります。

 

 

 

雇用形態

雇用形態とは、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトといった、雇用契約の採用種別のこと。

 

正社員⇒契約社員⇒派遣社員⇒パート⇒アルバイトの順に審査評価は低くなります。

 

居住形態

居住形態とは、今、住んでいる家が、賃貸なのか、持ち家か、ということ。

 

基本的に、持ち家のほうが資産があるわけですから、賃貸よりも審査には有利になります。

 

ただ、持ち家でも、多額の住宅ローンが残っている場合は、マイナス評価です。

 

家族構成

家族構成とは、一人暮らしなのか、家族と同居しているのか、ということ。

 

一人暮らしは生活費がかかり不安定という点で評価は低くなる傾向。

 

一方、家族と同居している場合は、生活の安定性が高いという点で、評価は高くなります。

 

審査基準のスコアリング

プロミスの審査は、これら審査基準の各項目を点数化(スコアリング)し、合計の点数で決定します。
(ただし、上で書いたように信用情報に事故情報があると、まず審査には通りません)

 

ですので、「アルバイトだからダメだ」とか、「年収が低いからどうせ審査に落とされる」と一部の項目だけで悲観することはありません。

 

また、審査基準の合計点が低くても、年収の20分の1程度の少額の借り入れであれば審査が通る可能性があるので、申請してみる価値はあります。

 

 

プロミス審査の申し込みと流れ

プロミスの審査の申し込みですが、まず審査の前に、「プロミスの申し込み条件」というのがあります。

 

プロミスの申し込み条件

 

年齢20以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
主婦でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。
※プロミス公式サイト


 

融資を申し込める人の対象が幅広い

プロミスの融資対象が広くて喜ぶ女性
プロミスの特徴の一つが、申し込める人の対象が広いことです。

 

バート、アルバイト、主婦も対象

一般のサラリーマンの方に加え、収入の少ないバート、アルバイト、主婦も申し込めるなど、申込資格がゆるやかなのも魅力です。

 

さらに、希望の借入額が50万円までは、収入証明書類が不要なことも、お手軽に申し込めるのでうれしい限りです^^

 

つまり、スマホと運転免許証があれば、サクッと申込できちゃいます!

 

 

プロミスは20歳以上〜69歳で安定した収入があれば、誰でも申し込めます。
つまり、未成年や70歳以上の方でなければOKです。

 

 

プロミスの審査に必要な書類

プロミスの審査に申し込む前に、必要な書類について確認しておきます。

 

借入希望額が50万円以下の場合

運転免許証だけあれば申し込める!

プロミスは原則50万円以下の借入であれば、運転免許証などの本人確認書類1枚だけで申し込めるので、すごいお手軽です!

 

本人確認書類としては、運転免許証、もしくはパスポート、のどちらか。

 

健康保険証も本人確認書類として認められていますが、住民票など現住所が記載されている書類の写し(コピー)を併せて提出する必要があります。

 

つまり、健康保険証の場合は、2枚必要になるわけです。

 

※外国籍の方は、上の「本人確認書類」に加えて、「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」も必要

 

借入希望額が50万円を超える場合、等

「借入希望額が50万円を超える」、もしくは「借入希望額と他社借入残高との合計が100万円を超える」場合は、収入証明書も必要になります。

 

収入証明書として使える書類

どれか1点 備考
源泉徴収票 最新のもの
給与明細書 直近2ヶ月+1年分の賞与明細書※
確定申告書 最新のもの

※賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書だけでOK

 

会社員やパート・アルバイトの方は、源泉徴収票か、給与明細書。
個人事業主の方は、確定申告書になります。

 

また、あなたの収入を証明するようなものが他にもあれば、追加で提出することで、審査にはプラス評価となります。

 

なお、これら収入証明書にマイナンバーが記載されている場合は、マイナンバーの部分を隠してコピーする必要があります。
(プロミスでは、個人情報保護の観点から、マイナンバーの書いてある書類を受け取れないため)

 

プロミスは、担保・保証人も不要です!

 

 

プロミス審査への申し込み

プロミスに申し込むには、まず、スマホか、パソコンから「申し込み画面」を開きます。

 

プロミス申し込み画面はこちら

 

プロミスの申し込みボタンには、「カンタン入力」と「フル入力」があります。

 

「本日中にお金を借りたい!」場合は、「フル入力」を選んで下さい。

 

「カンタン入力」と「フル入力」の違い

 

カンタン入力 フル入力
入力項目 氏名、住所など約10項目 約20項目
審査の回数 仮審査、本審査の2回 本審査の1回
こんな人におすすめ 申し込みを簡単に終わらせたい

電話で相談したい

融資までの時間を早くしたい

 

カンタン入力は、入力項目が少ないため、とりあえず早く申し込みしたい人におすすめです。

 

ただ、入力項目が少ない替わりに、プロミスから詳細確認の電話があり、融資までの時間は長くなってしまいます。

 

一方、フル入力は、ネット上で詳細情報まで入力してしまうので、すぐに審査に入るため、融資までの時間は一番短くなります。

 

 

どちらにするか迷った時は、次のように決めると良いと思います。

 

今日中に、できるだけ早く融資を受けたい⇒フル入力
電話での対応が苦手・自信がない⇒フル入力
それ以外の人⇒カンタン入力

 

「ご契約方法の選択」とは?

カンタン入力、またはフル入力を進めていくと、「ご契約方法の選択」という項目になります。

 

「Web」か、「来店」を選ぶ必要がありますが、それぞれのメリットは次の通り。

 

 

「Web」契約の場合のメリット

・「カードなし」にすると、Webで契約が完結するので郵送物がない
⇒親や家族バレない!
・お店や自動契約機に行く必要がない
・「カードなし」にすると、親や家族に見られることもない

 

注意点
・「カードあり」にすると、カードが自宅に郵送されてしまい、親や家族にバレる危険がある
・平日14時までに契約を完了しないと、即日振込融資ができない(翌日になってしまう)

 

「来店」契約の場合のメリット

・平日14時を過ぎても、土日祝日でも申込後、自動契約機でカードが発行され、すぐに借りることができる
・自動契約機でカードを受け取れば、自宅に郵送物は届かないので、親や家族にバレない。

 

注意点
・「カードなし」にはできない

 

私のおすすめとしては、次のように判断するといいと思います。

 

即日融資など急ぎの場合⇒「来店」
親や家族などに絶対にバレたくない⇒「Web」で「カードなし」
それ以外の人⇒「来店」
(理由:Webのカードなしにすると、一部使えない銀行などがあり、手続きが少し面倒なので)

 

以上、申し込みが終わった後、約30分(審査待ちの時間)でプロミスから電話があり、希望限度額や書類の提出方法などの説明があります。

 

なお、「来店」契約でその日の内に、お金が必要な方は、この審査待ちの30分の間に自動契約機に行っておくと、審査終了後、すぐにお金が引き出せます。

 

>> プロミスの詳細はコチラ! <<

 

プロミスの金利

プロミス 金利
プロミスの金利は、他社と比べて安いのか?それとも高いのでしょうか?

 

実は、プロミスの下限金利は他社よりも高く、上限金利は低く設定されています。

 

??と一瞬、わかりにくいですが、一言でいうとプロミスの金利は、他社より良心的です。

 

また、さらに実質金利がお得になる(*'▽')、プロミスの30日間無利息サービスについても説明しておきます。

 

プロミスの金利は一番低金利

プロミスの金利を他の消費者金融のカードローンと比較すると、一番良心的なのがプロミス。

 

次の表が消費者金融の金利を比較したものです。

プロミス金利と他カードローンの比較

カードローン

金利

プロミス

4.5%〜17.8%

アコム

3.0%〜18.0%

アイフル

3.0%〜18.0%

レイク

4.5%〜18.0%

SMBCモビット

3.0%〜18.0%

(2018年9月14日現在)

 

この金利比較表を見ると、プロミスの上限金利17.8%は、アコムやアイフル等の18.0%に比べ、0.2%低く、一番金利が低いのがプロミスです。

 

上限金利を比較すべき

カードローン

金利

プロミス

4.5%〜17.8%

確かに、上限金利はプロミスが一番低いですが、下限金利はプロミスは1.5%高くなっています。

 

では、プロミスは良くないのでしょうか?

 

実は、消費者金融の最低金利は超優良な勤務先の人が数百万円を借りないと適用されにくい金利です。

 

実際のところ、初めてお金を借りる人や100万円以下の借入の場合は、各社上限金利が適用されることがほとんどです。

 

つまり、プロミスやアコム、アイフルなどカードローン金利を比較する場合は、上限金利を比べるべきなのです。

 

実質的には、プロミスの金利が一番低く、お金を借りる側に有利ということになります。

 

30日間無利息サービスで実質金利は少なくなる

プロミスは金利が一番有利なことに加えて、うれしい「30日間無料利息サービス」があります!

 

これは、プロミスがはじめてなら、30日以内に完済すれば無利息※、つまり金利0%でお金を借りることができちゃいます!
※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

 

この30日間無料利息サービスは、ほとんどの銀行カードローンや中小消費者金融にはないお得なサービス。

 

プロミスの30日間無利息サービスが一番お得

実は、アコムやアイフル、レイクにも30日間無利息サービスがあるにはあります。。

 

でも、プロミスの30日間無利息サービスが一番有利です!

 

どういうことかというと、

 

アコムやアイフル、レイクの無利息サービスは、無利息の期間が、「契約日」からスタートするので、お金の「借入日」が10日後になってしまうと、無利息の期間は20日間と短くなってしまします。

 

つまり、契約したその日にお金を借りないと30日間無利息にならないのです。

 

 

一方、プロミスであれば、無利息の期間は、お金の「借入日」からスタートするので、いつお金を借りても、きっちり30日間、無利息となります!

 

なお、当然のことですが、無利息サービスが終われば、翌日から借り入れ日数に応じて通常通りの利息が発生します。

 

プロミスであれば、初回の借入日が契約日から半年後になってしまったとしても、ちゃんと30日間無利息となるわけです。

 

すごい、私たちのことを考えてくれる感じですよね、プロミスは!

 

プロミスなら無利息サービスがもっと!

さらにさらに、プロミスのすごいところは、初回無利息サービスが終わったあとも、他にも無料利息サービスがあるんです!

 

プロミスポイントの無利息サービス
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間
無利息の適用開始

以下の取引きを行った翌日から、申し込みをした無利息期間が適用
・利息以上の返済時
・完済時は再度のご出金時

 

これは、プロミスを利用している人(インターネット会員)であれば利用に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは、無利息サービスなどに利用できるというもの。

プロミスポイント獲得の例
対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ、ポイント獲得

プロミスインターネット会員
サービスログイン

10ポイント 毎月初回ログイン時のみ、ポイント獲得
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5〜20ポイント ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数が記載

 

プロミスでは、実際に申し込んで長く使っている人にも、ちゃんとお得な仕組みがあるのが、すばらしい!

 

いろいろと詳しいところも見てきましたが、審査だけでなく、金利の有利さ、無利息のサービスでいっても、ダントツで、プロミスが一番優れています。

 

プロミスのカンタン3秒診断はこちら

>> プロミスの詳細はコチラ! <<

 

プロミスの返済は?

プロミス 返済
今までプロミスがいかに有利か、ということを説明してきましたが、最後に、プロミスの返済についてご説明します。

 

審査を通り融資を受ければ、当然、返済をしないといけないわけです。

 

でも、プロミスの場合は、その返済についても、ちゃんと気を使ってくれています^^

 

プロミスの返済は低額OK

プロミスの返済額が低いので喜ぶ女性

 

借入5万の最低支払額は何と、2千円!

さらに、融資額が残高5万円の場合、毎月の最低支払額はなんと、2千円です。

 

このプロミスの最低支払額の低さは、業界一だと思います。

 

返済方法を自分で選べる

また、返済方法を次の表のように、自分で選べるので便利です。

プロミスの返済方法

返済額

前月末日の借入残高に対して、「残高スライド元利定額返済方式」で決定

最低返済金

(5万円借入)

2,000 円

返済期日

5日、15日、25日、末日から選択

※返済期日がプロミスの休業日(土・日・祝日・年末年始)の場合は、翌営業日

返済方法

プロミスATM、コンビニ(マルチメディア端末)、インターネット返済、店頭窓口、口フリ(口座振替)から選べる

 

>>プロミスの5秒審査をやってみる! <<

 

 

返済額は「残高スライド元利定額返済方式」で決定

プロミスの返済額は、「残高スライド元利定額返済方式」で決まります。

 

ちょっと難しそうな言葉ですが、簡単に言うと、

 

「借入額(元金)と利息とを合わせて、少しずつ定額で返していく方法」です。

 

例えば、10万円を借りたとすると、毎月3,000円ぐらいずつを返済していきます。

 

プロミスの月々の返済額は次の計算式で決定されます。

 

借入後残高 返済金額※1,000円未満切り上げ
30万円以下 お借入後残高 × 3.61%/td>
30万円超過

〜100万円以下

お借入後残高 × 2.53%
100万円超過 お借入後残高 × 1.99%

 

 

具体例として計算してみると、

 

プロミスで10万円を借りた場合、翌月の返済額は、10万円×3.61%=3,610円となります。

 

5万円を借りた場合は、5万円×3.61%=1,805円です。

 

プロミスの返済額表
借入残高 5万円 10万円 20万円 50万円 100万円
月返済額 2,000円 4,000円 8,000円 13,000円 26,000円

 

借入残高に応じて返済額の算出率を調整することで、借入が高額になった時でも、次付きの返済額が多くなりすぎないように配慮されています。

 

つまり、プロミスでは、毎月の最低返済金額が少額に設定されているので、返済もゆとりを持つことができます。

 

 

繰上返済すれば毎月の返済額を減らせる

なお、逆に、こまめな繰上返済を行うことで、早く元金を減らすことができるので、利息の支払総額を削減でき、完済を早めることもできます。

 

ボーナスが出たり、生活費が余った場合などは、積極的に繰上返済すれば、毎月の返済にさらにゆとりが生まれます。

 

 

プロミス返済の手数料が無料&おすすめの方法

プロミスの返済を行う場合、手数料が無料の方法をご案内します。

 

「手数料なんて、気にしないよ」と思うかもしれませんが、毎月のことなので、積み重なると意外な高額になります。

 

例えば、コンビニのATMを使うと手数料は支払額に応じて、100円、もしくは200円が取られます。

 

これを3年間毎月続けると、200円×12カ月×3年間=7,200円にもなります。

 

借入金額が少額な場合は、利息よりもATM手数料の方が多くなりかねないので、無料の返済方法を使いましょう!

 

そして、プロミスの返済を行う際に、無料&便利なおすすめの方法は次の5つです。

 

プロミス返済の無料&おすすめの方法
プロミスATM 自動契約機の付近やプロミスお客様サービスプラザに設置してあるプロミスのATM
三井住友銀行ATM 三井住友銀行のATM
コンビニ(メディア端末) コンビニにある、ファミリーマートの「Famiポート」やローソンの「Loppi」
インターネット返済 スマートフォン、パソコン、携帯(ガラケー)でのインターネット手続き
口フリ(口座振替) 銀行口座から、毎月返済日に返済額が自動的に引落されるサービス

それぞれの返済方法について、説明しておきますね。

 

プロミスATM

自動契約機の付近やプロミスお客様サービスプラザに設置してあるプロミスATMから返済すれば、手数料は無料。

 

なお、営業時間は、7:00から24:00なので、深夜と早朝以外はいつでも使えます。

 

三井住友銀行ATM

三井住友銀行のATMは、手数料無料です。

 

※他の銀行の提携ATMは、手数料が必要なんで注意してください!

 

営業時間は、設置されているATMによって違うので、近くの三井住友銀行のATMを調べておくといいですね。

 

コンビニ(メディア端末)

コンビニにある、ファミリーマートの「Famiポート」やローソンの「Loppi」といったメディア端末から返済すると、手数料無料です。

 

プロミスの返済に利用できるのは次の3つの端末です。

 

プロミス返済に使えるコンビニ(メディア端末)
ファミリーマート

「Famiポート」

プロミス 返済 ファミポート
ローソン

「Loppi」

プロミス 返済 ロッピー
ミニストップ

「Loppi」

プロミス 返済 ロッピー

 

コンビニの端末なので、24時間いつでも返済できます。
※月曜0時から7:00利用不可

 

コンビニのメディア端末とATMを間違わないように!

 

コンビニのATMを使ってしまうと、手数料がかかってしまいますので。

 

インターネット返済

インターネットが使える環境なら、パソコン、ケータイ、スマートフォン上の手続きだけで返済できます(プロミスの会員ページから返済手続きを行います)。

 

これなら、24時間いつでもどこでも返済できますし、手数料も無料です(毎月第3日曜日0時〜6時まで、毎週月曜日0時〜7時までは利用不可)。

 

ただし、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のうちいずれかの口座(インターネットバンキングにも対応している口座)を持っていないと利用できないので、注意が必要です。

 

口フリ(口座振替)

プロミスの返済日を忘れそうな方、返済忘れをしたくない方は、口フリ(クチフリ:口座振替のこと)がおすすめです。

 

口フリ(口座振替)は、あなたの銀行口座から、毎月返済日に返済額が自動的に引落されるサービス。

 

手数料も無料で、毎月ATMに行く手間もかかりません!

 

申し込みは、プロミスのインターネット会員サービスから申し込めます。

 

口フリ(口座振替)のメリット
  1. 毎月返済にATMに行く手間をなくせる
  2. 返済日に支払い忘れをすることがなくなる
  3. 手数料が0円

 

手数料無料の方法で返済して、プロミスをお得に返済しちゃいましょう!

 

>>プロミスの5秒審査をやってみる! <<